家賃回収から強制退去まで、建物明渡請求に強い弁護士が対応致します。

家賃滞納の回収でお悩みの方へ

大阪の家賃回収・建物明渡請求相談サイト」をご覧いただきありがとうございます。

入居者の家賃滞納にどう対処するべきか、強制退去させることは可能なのかなど、いろいろと疑問が尽きないことかと思います。

マンションや貸家を賃貸している以上、家賃を受け取ることは当然の権利です。

家賃の滞納状態が継続すると、本来得られるはずの家賃収入を失ったり、滞納家賃の回収が困難になったり、物件が汚損されたりする恐れもあります。

長引けば長引くほど滞納家賃の全額回収は困難になり、新しい入居者を入れることができないことによる機会損失も増えていきます。

当事務所では、家賃回収の交渉から、強制退去のための建物明渡請求まで、面倒な手続きを弁護士が住宅オーナー様に代わって行い、住宅オーナー様の利益を最大化いたします。

正常に賃料収入を受け取れる状態に戻るために、まずは、お気軽にご相談(無料)下さい。ご相談お待ちしています。

このようなことでお困りの方は
今すぐお問合せください。
  • 2ヶ月以上の家賃滞納に困ってる方
  • 借主が家賃滞納して連絡が取れない方
  • 強制退去させるべきか迷っている方
  • 分譲マンション等の管理費、修繕積立金の滞納にお困りのマンション管理組合
大阪の家賃回収から建物明渡請求まで弁護士が対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

大阪の家賃回収・建物明渡請求相談サイトの特徴

  • 家賃回収・建物明渡請求に強い弁護士が対応。
  • あなたの代わりに弁護士が家賃滞納者と交渉します。
  • 内容証明発送を最短で行います。
  • ご相談、着手金は無料。完全成功報酬です。
  • 最短でお問合せ当日の面談可能です。
  • お仕事終わりの時間帯、土日祝日の相談も可能です。
  • 様々なパターンに対応できる経験豊富な弁護士が対応します。
  • 秘密は厳守します。
  • 出張相談可。

家賃回収を弁護士に依頼するメリット

1.弁護士があなたに代わって入居者と家賃回収の交渉をします!

入居者に対して弁護士名で内容証明郵便を発送し、以降の交渉の窓口を一手に担います。
弁護士が対応することによって、裁判までせずとも交渉のみで解決することが多くあります。

2.訴訟を適切かつ迅速に裁判所に申立てます!

依頼者の意向に従い、適切かつ迅速に訴訟手続きを行います。この場合も、着手金はいただきません!
裁判となると解決までに期間がかかることがあります。したがって、必要な場合は迅速に訴訟に踏み切る必要があります。

大阪の家賃回収から建物明渡請求まで弁護士が対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

家賃回収・建物明渡請求の流れ

依頼→内容証明郵便の送付→退去支払い交渉→裁判→強制退去
上記はあくまでほんの一例です。弁護士にご依頼いただくことで、交渉の時点で解決することも多くございます。
その場合は約1~2ヶ月程度で解決することも少なくありません。
大阪の家賃回収から建物明渡請求まで弁護士が対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

弁護士費用

弁護士費用 3つの特徴

  • 相談料・着手金は0円
  • 納得の完全成功報酬
  • 安心の弁護士費用後払い

ご相談

(1)ご相談は何度でも無料。
(2)電話・メールでのご相談も可能。
(3)お仕事終わりの時間帯、土日祝日の相談も可能です。

弁護士報酬

【着手金】

すべて無料

【報酬金】

▼滞納家賃の回収

回収額の30%

▼交渉での退去

10万円~

▼裁判での退去

30万円~

※ご依頼時に契約書を作成しますので、明朗会計です。

家賃回収・建物明渡請求の解決事例

家賃回収の解決事例:滞納家賃を全額回収して有利な和解

事案内容
アパートの賃貸で、3ヶ月の家賃滞納。家主が入居者に連絡しても居留守を使うなど、話ができる状態ではなかった事案。
対応

まずは入居者に対して弁護士名で賃貸借契約を解除する旨を内容証明で通知しました。それでも反応がなく、交渉が出来なかったため、訴訟を提起しました。

訴状を受け取った入居者から弁護士に連絡があり、滞納分を全額支払うので入居を継続させてほしいとの申し出がありました。

裁判の期日で、実際に滞納家賃を全額支払ったことが確認できましたので、入居の継続を認め和解しました。ただし、今後1回でも家賃を滞納すれば賃貸借契約を解除するという有利な条件での和解となりました。

強制退去の解決事例:入居者行方不明のまま強制退去

事案内容
一軒家を賃貸していましたが、入居者との連絡がつかなくなり、人が住んでいる気配もなし。
家賃の支払いも止まって6ヶ月が経過していた事案。
対応

入居者の所在が不明だったので、速やかに訴訟を提起して、物件に居住していないこと、他の連絡先も不明であることを裁判所に報告して、訴状を公示送達(裁判所に一定期間掲示することで相手方に訴状が届いたとみなす制度)してもらい、相手方欠席で裁判を行いました。

裁判の結果、退去を認める判決を得たので、続けて裁判所で強制退去の手続きを行い、明け渡しを完了しました。

弁護士相談、ご依頼の流れ

お電話、メールフォームよりお申込み

お電話の際は、「家賃回収のホームページを見た」「建物明渡請求のホームページを見た」などとおっしゃっていただけるとスムーズです。

メールフォームよりお申込みいただいたお客様へは、2営業日以内に担当弁護士よりご連絡差し上げます。

まずはお電話にて弁護士と相談

お電話にてお伺いする内容

  • 物件所在地
  • 入居時期
  • 滞納期間
  • 借主との交渉状況
  • その他お客様のお困りの点

家賃回収・建物明渡請求に強い弁護士と面談相談

初回のご相談は1時間程度です。
ご相談は何度でも無料です。

面談にお持ちいただけるとスムーズです

  • 賃貸借契約書
  • 家賃の支払い状況が分かるもの

ご依頼

ご依頼いただけるお客様とは、後ほど委任契約書を作成いたします。
費用は完全成功報酬、後払いですので安心してご依頼ください。

相談のみで解決

相談のみで解決されるお客様もいらっしゃいます。
相談したからといって必ず依頼しなくてはいけないことはございませんのでお気軽にご相談ください。

相談のみで解決された場合も費用は無料です。

 

家賃回収・建物明渡請求に強い弁護士の無料相談のお申込み

メールフォームからのお問い合わせは24時間年中無休にて受け付けております。
メールフォームよりご連絡いただきましたお客様へは2営業日以内に弁護士からご連絡いたします。

お名前必須
ふりがな
電話番号必須
メールアドレス必須
物件所在地
入居時期 平成 年 
滞納期間 ヶ月

投稿日:2018年4月14日 更新日:

弁護士コラム

建物明渡請求にかかる時間の話

2018/12/05   -弁護士コラム

はじめに 入居者が賃料を払ってくれなくなり、滞納が続いた場合、入居者に退去してもらうために賃貸借契約を解除して建物明渡請求を行います。請求を行った後も賃料の不払いが続く場合、明渡請求が早いほど損害(賃 ...

敷金と家賃滞納

2018/09/28   -弁護士コラム

敷金とは 賃貸借契約の際に借主が貸主に支払う金銭には、敷金と礼金、保証金といったものがあります。 敷金とは、賃貸借契約から生じる債務を担保するために、契約時に貸主が借主から預かる金銭のことです。退去時 ...

入居者と連絡が取れなくなった場合の対応

2018/09/10   -弁護士コラム

はじめに 入居者と連絡が取れなくなった場合、家主としてはどうすればよいのでしょうか。 家賃の滞納が続く場合(連絡が取れないのに気づくのは家賃滞納がきっかけであることが通常ですが。)には、入居者が行方不 ...

滞納された家賃を回収するには

2018/08/24   -弁護士コラム

はじめに 家主にとって店子・入居者が家賃を滞納するのは頭の痛い問題です。家主としては、入居している部屋については家賃が入ってくることを前提に計画を立てています。 家賃の滞納が続くような入居者については ...

修理の必要な建物と明け渡し請求

2018/07/25   -弁護士コラム

・家賃滞納の理由は雨漏り? 家賃を滞納し始めた入居者が、滞納の理由として建物に雨漏りなどの修繕するべき箇所が出てきて、建物の利用に制約が出ているということを言うことがあります。また、自分で修繕を行った ...

Copyright© 大阪の家賃回収・建物明渡請求相談サイト , 2018 AllRights Reserved.