家賃回収から強制退去まで、建物明渡請求に強い弁護士が対応致します。

家賃回収・建物明渡請求の解決事例

家賃回収の解決事例:滞納家賃を全額回収して有利な和解

事案内容
アパートの賃貸で、3ヶ月の家賃滞納。家主が入居者に連絡しても居留守を使うなど、話ができる状態ではなかった事案。
対応

まずは入居者に対して弁護士名で賃貸借契約を解除する旨を内容証明で通知しました。それでも反応がなく、交渉が出来なかったため、訴訟を提起しました。

訴状を受け取った入居者から弁護士に連絡があり、滞納分を全額支払うので入居を継続させてほしいとの申し出がありました。

裁判の期日で、実際に滞納家賃を全額支払ったことが確認できましたので、入居の継続を認め和解しました。ただし、今後1回でも家賃を滞納すれば賃貸借契約を解除するという有利な条件での和解となりました。

強制退去の解決事例:入居者行方不明のまま強制退去

事案内容
一軒家を賃貸していましたが、入居者との連絡がつかなくなり、人が住んでいる気配もなし。
家賃の支払いも止まって6ヶ月が経過していた事案。
対応

入居者の所在が不明だったので、速やかに訴訟を提起して、物件に居住していないこと、他の連絡先も不明であることを裁判所に報告して、訴状を公示送達(裁判所に一定期間掲示することで相手方に訴状が届いたとみなす制度)してもらい、相手方欠席で裁判を行いました。

裁判の結果、退去を認める判決を得たので、続けて裁判所で強制退去の手続きを行い、明け渡しを完了しました。

建物明渡請求の解決事例:裁判で3ヶ月で強制退去

事案内容
家主は3LDKの部屋を賃貸していましたが、賃借人が賃料を滞納し始めました。家主が調べたところ、賃借人は、部屋に居住しておらず、3人の他人に勝手に部屋を転貸していた事案。
対応

家主は、実際の入居者3人の身元が分からず、途方に暮れていました。

弁護士が依頼を受けて調査したところ身元が判明したため、賃貸人と入居者合計4人を相手取って裁判を起こしました。入居者3名とは、依頼から3カ月後の第1回期日で和解が成立し早期に退去、賃貸人についても最短で判決を取得し強制明渡を行って、家具等を排除しました。

建物明渡請求の解決事例:明渡判決後、任意で退去

事案内容
家主は長屋の一区画を貸していましたが、賃料滞納が1年もの長期にわたり、物件内部に物が大量に放置されていた事案。
対応

入居者は連絡が取れたり取れなかったりで、交渉が満足にできず、依頼を受けて、訴訟を提起して明け渡しの判決を取得しました。

しかし、物件内に残置された物の量から、強制退去には多額の費用を業者に支払う必要があると見込まれたため、その後に弁護士が入居者と交渉し、明け渡し時期について一定の猶予を与える代わりに、物件内の物の運び出しをさせて自主的に明け渡しをさせました。

大阪の家賃回収から建物明渡請求まで弁護士が対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

投稿日:2018年4月23日 更新日:

Copyright© 大阪の家賃回収・建物明渡請求相談サイト , 2019 AllRights Reserved.